甲府柳町宿こうふやなぎまちしゅく(山梨県甲府市)

甲府宿、正式には『甲府柳町宿』は、本陣1軒、脇本陣1軒、旅籠21軒であった。
今の甲府市外は武田信玄の父信虎が永世16年(1519)に石和から移り、躑躅ケ崎に居館を構えたのに始まる。
天正9年(1581)には韮崎の新府に移り、翌年武田家は滅亡してしまう。信長の死後家康が領し、秀吉の代に築城した。以後この甲府城を中心に発展した「甲府柳町」の名は宿中程にある、柳町に問屋場等の機能が集中していたところからつけられた。

≫石和~甲府柳町を歩く

本陣跡(ほん)
ガソリンスタンドの向かいの駐車場辺りに本陣があった。現在は何もない。

≫台ヶ原宿へ行く

甲府柳町宿 本陣跡

前の名所:和戸町由来碑