中山道なかせんどう

中山道は慶長6年(1601)から7年間で他の4街道(東海道、日光街道、奥州街道、甲州街道)とともに整備された街道である。古くは都と東国を結ぶ東山道と称された。
当初、「中仙道」と称されたが、享保元年(1716)「中山道」と書くように改められた。江戸日本橋から、上野、信濃、木曽、美濃、近江を経て京三条大橋まで135里32丁(約534km)69宿あり東海道とともに幹線道路であった。草津宿では東海道と合流。東海道よりは40kmも長い道程である。中山道は木曽路をはじめ、峠道が多く、人馬の往来は困難であった。参勤交代の大名は東海道の154家に対し中山道は34家と少なかった。しかし、往来が少ないうえに、大河もなく、氾濫に伴う渋滞も少なかったことから、二条城番、大阪城番、日光例幣使などは、片道を必ず利用した。又、将軍へ献上する宇治茶の茶壷道中や、将軍に輿入れの皇女和宮、清河八郎を総大将にした浪士隊も通過した。

中山道の見どころ

中央山岳地帯を進む中山道は峠道が多く、碓氷峠、笠取峠、和田峠、塩尻峠、鳥居峠、馬籠峠、十曲峠、十三峠、琵琶峠、物見峠、今須峠、摺針峠等々。それぞれに趣があります。特に和田峠の急狭の道、塩尻峠からの360度の眺望、太平洋と日本海の分水嶺鳥居峠十三峠を上り下りする長い道、そして、琵琶湖を初めて望める摺針峠
各所に中山道の風情のある宿場町が残っています。特に木曽谷の奈良井福島妻籠馬籠、すっかりおしゃれな町となった軽井沢、温泉地の下諏訪、山の中に取り残された大湫細久手、河川運輸の要衝だった赤坂等々。地域の人々が、一体となり、町並みの保存に当たっています。
木曽義仲の挙兵、関が原の戦い、皇女和宮の降嫁、浪士隊の上京等の歴史を思いながら、中山道を歩むも良いものです。