琵琶溜井びわためい

1660年、関東郡代伊奈忠克によって造られ、溜池の平面形状が楽器の琵琶に似ていることからこの名が付いた。かつては琵琶形のダムと水門があった。現在の施設はゲートを備えた分水堰で、周辺は公園として綺麗に整備されている。西側には、重要施設の改修記念碑である葛西用水五閘改修之碑(昭和7年建立)が建っている。

≫岩槻~幸手追分を歩く

琵琶溜井
琵琶溜井

前の名所:道標
次の名所:街道合流点