烏森稲荷神社(新橋)

"サラリーマンの聖地"新橋にあるこの神社は、平安時代後期、藤原秀郷によって創建されたといわれている。

増上寺(徳川家霊廟)

言わずとも知れた徳川家の菩提寺。6人の将軍と各正室と側室が眠っている。また、風水では、増上寺のある場所が富士山の龍脈(気の流れる道)に当たると言われているそうで、そのためにこの地に増上寺を家康が移転させたという説がある。

金王八幡宮

武運を司る神様。交通安全や子授け、出世にご利益がある。
神社の目の前が旧鎌倉街道で、北側には旧大山街道(国道246号線・青山通り)が通る。渋谷の地名となった、渋谷氏の始祖により創建されたとされる。

金王八幡宮の神門

金王八幡宮の神門と社殿は江戸時代初期のもの

明治神宮御苑・清正井

明治神宮は、明治天皇と昭憲皇太后をお祀りする神社で、大正9年11月にお二人と縁の深い代々木の地に創建された。その緑豊かな境内にある清正井は、最近都内のパワースポットとして人気沸騰の場所となっている。
現在もこんこんと湧き出る井戸の写真を、携帯の待ち受け画面にすると願いが叶うとか。

清正公の井戸

鏡のように美しい水面の清正公の井戸
※混雑の場合には、清正井は拝観できませんのでご了承ください。

愛宕神社

慶長8年(1603年)、徳川家康の命により江戸の防火の神様として祀られた。主祭神は、火産霊命(ほむすびのみこと)。
愛宕神社には長くてきつい急な階段があって、別名「出世の階段」と呼ばれている。
その他、防火防災や印刷・IT関係、商売繁盛、縁結びにご利益がある有り難い神社だ。

愛宕神社

愛宕神社の急な階段

花園神社(新宿)

神社内にある支社の芸能浅間神社が芸能の神様として知られいて、多くの芸能関係者の奉納が多いことで有名だ。寛政年間、尾張藩下屋敷の庭の一部である現在地に移転した時、花が咲き乱れていたところであったことから、花園神社と呼ばれるようになったと伝えられている。

稲荷鬼王神社

全国で唯一、鬼の福授けの神社として知られていて、皮膚病や様々な病気平癒にご利益がある「撫で守り」を授与している珍しい神社だ。神社に豆腐を奉納して、病気が治るまでの間豆腐絶ちをし、撫で守りで患部を撫でると病気が治ると言われている。

新宿歌舞伎町のパワースポット

新宿歌舞伎町の喧騒を忘れるパワースポット

抜弁天

正式には厳島神社のことで、かつてはこの近くを旧鎌倉街道が通っていた。平安時代後期、源義家が奥州平定を祈願し見事成し遂げ、その戦勝のお礼に神社を建立したと伝えられている。苦難を切り抜けたという伝説から、抜弁天の名がついたとか。
今現在苦境に立たされている人は、お参りして現状を打破しよう!

抜弁天

江戸六弁天の一つに数えられる抜弁天

紅梅

ほころび始めた紅梅

金王八幡宮

金王八幡宮の立派な楠木

大鳥居

明治神宮の大鳥居

明治神宮

明治神宮に奉納されたお神酒

稲荷鬼王神社

稲荷鬼王神社の珍しい鬼の手水鉢

増上寺

増上寺と東京タワー