追分宿~小諸宿を歩く

ルート情報

  • 徒歩  約3時間(12.7km)
  • 始最寄  信濃追分(しなの鉄道) 
  • 終最寄  小諸駅(しなの鉄道) 

前のルート:沓掛~追分

中山道との分岐点として賑わった追分宿。元禄時代には旅籠屋71軒、茶屋18軒、商店28軒を数え、多くの飯盛り女がいたという。
宿場の雰囲気を色濃く残し、昭和初期に活躍した文人・堀辰雄や室生犀星など多くの著名人がこの地を愛した。
宿場入り口近くには、旅籠風建築の「追分宿郷土館」があり、昔の村人たちの生活用品などを見学することができる他、周辺には「脇本陣油屋」、「浅間神社」など見所も多い。
ここを過ぎると、次の宿場小諸宿になります。

次のルート:準備中

追分宿~小諸宿の地図