青柳稲荷神社あおやぎいなりじんじゃ

青柳と石田は、明治22年の谷保村との合村までは、それぞれ村として独立していました。現在は「大字」としてその地名を残している。
青柳はその昔、今日の府中市本宿の多摩川南岸の青柳島にあった。寛文11年(1671)多摩川の大洪水により青柳島は流失、現在地に移住し青柳村を開拓した。
石田も青柳と時を同じくして、今日の日野市石田から移住した。
青柳稲荷神社は、青柳、石田の鎮守であり、一間半×二間の覆屋で、2月初午、9月大祭等の例祭が行なわれている。

≫府中~日野を歩く

青柳稲荷神社
青柳稲荷神社

前の名所:元青柳村の常夜燈
次の名所:日野の渡し碑