元青柳村の常夜燈もとあおやぎむらのじょうやとう

この常夜燈には、東側に「榛名大権現」、北側に「正一位稲荷大明神」、西側に「秋葉大権現」、南側に「寛政11年9月 施主村中」などの文字が刻まれていることから、西暦1799年に青柳村の人々が建てたことがうかがえる。
古老が語るところによると、昭和初期ごろまでは、村の人たちが毎晩当番で、ローソクを1本ずつ点す習慣があったという。

≫府中~日野を歩く

元青柳村の常夜燈
元青柳村の常夜燈

前の名所:南養寺
次の名所:青柳稲荷神社