関家かなどこ跡せきけかなどこあと

関家は、鋳物三家(矢澤、森窪、関氏)の一家と言われ、江戸時代から明治初期まで鋳造を業としていた。
梵鐘、仏像等の他に鍋釜などの日用品を製造しており、鋳物三家の銘のある梵鐘には、立川普済寺、府中高安寺、日野牛頭天王(現八坂神社)等があり、谷保山南養寺のものには、安永6年(1777)関氏の銘が刻まれている。

≫府中~日野を歩く

関家かなどこ跡
関家かなどこ跡

前の名所:熊野神社
次の名所:谷保天満宮