八幡宿の碑はちまんしゅくのひ

八幡宿(はちまんしゅく)は、現在の八幡町1・2丁目の一部(旧甲州街道沿い)に集落の中心があった村落。この村落は六所宮(大国魂神社)の社領に属しており「新編武蔵風土記稿」(幕末の地誌)には「六所社領」の小名としてその名が見える。
もともと八幡宿は、国府八幡宮の周囲に発達した村落だが、甲州街道が開設(慶安頃1648~52年)されたのに伴って街道筋に移動した。宿場町のような村名だが、八幡宿は農業を中心とした村落である。

≫布田五ヶ宿~府中を歩く

八幡宿の碑
八幡宿の碑

前の名所:國府八幡宮
次の名所:府中宿