常久の碑つねひさのひ

常久は、現在の若松町1丁目の一部(旧甲州街道沿い)に集落の中心があった村落。
地名の由来は、人名によるようで、古くは常久(恒久あるいは経久とも)という人を名主とする名田であったようである。

≫布田五ヶ宿~府中を歩く

常久の碑
常久の碑

前の名所:染谷不動尊
次の名所:國府八幡宮