追分道標おいわけどうひょう

この道標は文化8年(1811)江戸の清八という職人(足袋屋)が、高尾山に銅製五重塔を奉納した記念に、江戸から高尾山までの甲州道中の新宿、八王子追分、高尾山麓小名路の三ヶ所に立てた道標の一つ。

≫八王子~駒木野を歩く

追分道標
追分道標

次の名所:高札場跡