先宮神社さきのみやじんじゃ

先宮神社の創立は古事記の「国ゆずり」の神話の一節にみえる。
諏訪神社の祭神「建御名方命」が出雲より、洲羽(諏訪)の地に遷御された以前より、すでに原住民の産土神であった。しかし、「建御名方命」が諏訪神社に鎮座した当時、国ゆずりの為抵抗したが遂に服従し、現在の社地に鎮座することになった。
この事により他地に出る事は許されず、今でも境内の前の小川には橋を架けないとの言い伝えがある。
拝殿脇には諏訪市指定の天然記念物「大欅」があり、年代を物語っており、また境内には数社の無格社が鎮座している。

≫上諏訪~下諏訪を歩く

先宮神社
先宮神社

前の名所:白山社
次の名所:寿量院