権現の森ごんげんのもり

江戸から甲府までの甲州道中(甲州街道)が下諏訪まで延長されたのは慶長15年(1610)ころである。その頃ここは青柳宿といい、この権現の森の北西に家が並んでいたが、たびかさなる宮川の洪水や慶安3年(1650)の大火を機に南方の現在地へ移転し、翌4年に金沢宿と宿名を改めた、この宿場は山浦方面や松倉峠(金沢峠)を越して高遠方面に通ずる分岐点として、交通上、物資の流通上重要な所であった。

≫金沢~上諏訪を歩く

権現の森
権現の森

次の名所:万年橋