諏訪神社すわじんじゃ

諏訪神社は等々力の産土神で、建御名方神と事代主命を祭神とする。境内にはこの他、天神、稲荷、石尊、痘瘡、白山、太神、蚕影、秋葉、道祖神などの諸社がまつられている。
当社由来は「甲斐名勝志」「甲斐国志」「社記・寺記」等によれば、巨摩郡の笠屋神社をうつしたとも、聖徳太子の命を受け、万福寺を創建した調子磨をまつるため建立されたともいう。

≫勝沼~栗原を歩く

諏訪神社
諏訪神社

次の名所:文政の常夜燈