小仏峠こぼとけとうげ

「小仏嶺」と呼ばれ、標高548mで武蔵国(東京都)と相模国(神奈川県)の境にある。
峠の頂に小像の石地蔵のあるところから、小仏の地名になった。
富士の眺望が絶景で「富士の関」「富士の峠」とも言われた。

≫小仏~小原を歩く

小仏峠
小仏峠

前の名所:Y字分岐
次の名所:小原宿一里塚下