自性院じしょういん

自性院は以前は旧塩崎村山本坊沢百坊の中にあり、真言宗のお寺で慈勝院と称したと伝えられていたが、二度の水害にあった為、現在地に移し新たに曹洞宗のお寺として元亀元年(1570)9月19日に関刹界翁禅師が開山した。二世一翁全殺禅師が「證道歌」の一句「本源自性天真仏」により、天真山自性院と改められたと伝えられている。当山の本尊様は、木座像御尤七寸余りで弘法大師の作と伝えられています。本堂は明和2年(1765)当山六世富山智雄和尚の時代に建てられたものですが、創建当時の本堂の改築再建で間口九間奥行七間平屋建で茅葺でしたが、昭和29年、昭和46年、昭和54年に檀信徒の協力により大改修をし今日に至っている。
参道は、明和2年(1765)の敷設である。

≫甲府柳町~韮崎を歩く

自性院
自性院

前の名所:諏訪神社
次の名所:泣石