萬休院ばんきゅういん

萬休院には、国指定文化財の舞鶴マツと呼ばれるアカマツがある。
名称の由来は、傘状の枝が階段状になり、全体の樹形が優美で、ちょうど鶴が舞う姿に似ているところからきている。
寺記によれば、寺の開創当時は、老杉や古松がうっそうとしており、その中で特に樹形の美しいこのマツを愛育してきたもので、樹齢約450年と言われている。全体が約370本の支柱で支えられている。

≫韮崎~台ヶ原を歩く

萬休院
萬休院

前の名所:一里塚跡
次の名所:古道入口