横山の道標よこやまのどうひょう

ここの道を古道という。古府中より穴山、日野を経て台ヶ原村へ通じる道で、後に「はらぢみち」ともいわれていた昔日の主要道路である。
甲州街道の開設により台ヶ原村への入口でもあったので、江戸時代には交通の足である馬の四魔を承伏し、交通の安全を祈願して建てられた馬頭観世音の側面に道しるべとして「右かうふみち」「左はらぢ通」と記されている。
甲州台ヶ原宿に現存する唯一の道標である。

≫韮崎~台ヶ原を歩く

横山の道標
横山の道標

前の名所:古道入口