厄王大権現やくおうだいごんげん

古い狛犬と平和祈願の石がある。
碑文には以下のことが書かれている。
昭和二十年八月十三日午前八時三十二分米軍艦載機は突如大月町を襲い山間の町民に恐怖の中で甚大な被害を与えた
この時投下された爆弾の一つは桂川で爆発しその爆風は一.五トンの石をふき上げ百余米の高さに達したという
附近は国道沿いの人家密集地であったがこの石は厄王大権現の霊験によって当山地先に落下し町民はあやうく難をまぬかれた
時移り世が進むにつれ世人びと厄王大権現を畏敬し当時落下したこの石を、平和祈願の石と名づけここに安置したものである

≫猿橋~駒橋を歩く

厄王大権現
厄王大権現

前の名所:第五甲州街道踏切
次の名所:駒橋宿