昌翁寺しょうおうじ

仙川領主の飯高主水貞政が快要法印を師と仰ぎ、当寺を建立し菩提寺とした。貞政は、もと今川義元の家臣でしたが徳川家康に帰属し、戦功により旗本となり下仙川村の領地を与えられた。明治12年3月の仙川の大災で、古記録や什器類を焼失。本堂は大正13年に再建された。現在の本堂は昭和60年に新築したもの。
門前には元禄時代の庚申塔2基と宝暦の廻国塔が並ぶ。

≫高井戸~布田五ヶ宿を歩く

昌翁寺
昌翁寺

前の名所:大川橋
次の名所:仙川一里塚跡碑