柏尾橋かしおばし

1880(明治13)年、明治天皇御皇巡幸に際し、橋は長さ19間、幅が3間の欄干付きの板橋に架け替えられた。現在の橋の北側、高い石積みの橋台が明治の橋の跡で、この橋は当時の版画や堂版画にも残されている。その更に北側には、大正から昭和、江戸時代の橋台も残っている。

≫鶴瀬~勝沼を歩く

柏尾橋
柏尾橋

前の名所:近藤勇之像
次の名所:大善寺