一里塚いちりつか

御射山神戸一里塚は、集落の北はずれにあって、江戸の日本橋から48里目(49里との説もある)の塚であるといわれ、明治中頃までその役割を果たしていた。道路の東塚にはエノキが、西塚にはケヤキが育っていたが、東塚のエノキは明治初期に枯れてしまったという。 残っている西塚のケヤキは、塚がつくられた慶長年間に植えられたものと推定され、樹齢はおよそ380年を数える。現在では目通り高で幹の太さが周囲6.9m、樹高は約25mの巨木となり、永い歳月と風雪にたえて堂々たる風格をそなえ、樹勢もなおさかんである。
甲州街道でこのように塚・ケヤキともに往時のものが保存されている例は他になく、実に貴重な存在である。

≫蔦木~金沢を歩く

一里塚
一里塚

前の名所:馬頭観音
次の名所:金沢宿