道標どうひょう

かつて、我孫子から利根川に沿って布佐まで下り、利根川を渡って布川、須藤掘を辿って若柴宿に至る初期の水戸街道(布川道)と、取手宿、藤代宿を経て小貝川を渡り小通幸谷若柴宿に入る道があった。この二つの道の合流点に位置する、現在の市立馴柴小学校の北東隅の三叉路にこの道標が建てられた。

≫藤代~若柴を歩く

道標
道標

前の名所:文巻橋
次の名所:八坂神社