行念寺ぎょうねんじ

創建は室町時代、明応2(1493)年。東漸寺開山・經譽愚底上人の開基である。境内墓所には、愚底上人の無縫塔がある。貞亨3(1686)年の火災により、本堂、庫裡を焼失し、元禄4(1691)年、聖譽上人により庫裡が再建された。その後、昭和10年、先代・吉井泰順上人が住職に就き、当山再興に努めた。昭和43年には、本堂(鉄筋造)を復興し、庫裡(木造)を再建した。

≫小金~我孫子を歩く

行念寺
行念寺

前の名所:根木内歴史公園
次の名所:一里塚碑