日光東往還にっこうひがしおうかん

小金宿と我孫子宿の間、かつての小金牧内で分岐し、関宿、結城といった城下町を経て、雀宮宿で日光街道に合流する。その道程は約20里に及ぶ。参詣目的のほかに周辺大名の参勤交代や物資の輸送、庶民にも利用された。周辺住民からは旧日光街道と呼ばれるほか、久世街道、関宿道、結城街道、多功道という名前もある。

≫小金~我孫子を歩く

日光東往還
日光東往還

前の名所:八坂神社
次の名所:別雷神社