八坂神社やさかじんじゃ

水戸藩士の通行や旅人の往来に使われた旧水戸街道だが、広大な原野である小金牧を通過するため、道に迷うことが多々あった。そこで、水戸藩から資金を与えられ、街道に千本の松が植えられた。昭和50年代まで、八坂神社付近には当時を偲ぶ松並木があったが、老木になり切られたため、現在では残されていない。

≫小金~我孫子を歩く

八坂神社
八坂神社

前の名所:一里塚碑
次の名所:日光東往還