馬橋まばし

かつて、長津川にかかる旧水戸街道のこの橋には多くの人が往来したが、大雨のたびに流された。そこで、萬満寺と縁のあった良観上人が、馬の鞍の形をした橋を架けさせたところ、それ以後流されることはなくなった。以来、この橋は「馬橋」と呼ばれるようになった。この橋は、馬橋という地名の元になった橋でもある。

≫松戸~小金を歩く

馬橋
馬橋

次の名所:王子神社