萬満寺まんまんじ

建長8(1256)年に小金城首・千葉介頼胤が、鎌倉極楽寺の良観房忍性を招いて堂宇を修め、真言宗の大日寺を開いたのがはじまりと伝えられている。現在の萬満寺(臨済宗)となったのは、千葉介頼胤の時代の康暦3(1379)年、満胤は鎌倉の端泉寺にいた夢想国師の高弟古天周誓を招いて中興開山し、関東管領足利氏満の字をとって萬満寺と号したといわれている。

≫松戸~小金を歩く

萬満寺
萬満寺

前の名所:王子神社
次の名所:水戸街道道標