水戸街道道標みとかいどう

萬満寺の山門を過ぎると、かつて「富士見坂」と呼ばれた坂道が続く。坂を登り、八ヶ崎交差点で再び国道6号線と合流。この八ヶ崎交差点は印西道との追分けで、文化3(1806)年に造立された庚申塔という比較的大型の道標が残されている。その道標の南側面には「右 印西道」、西側面には「左 水戸街道」、北側面には「總州葛飾郡馬橋村」と刻まれている。

≫松戸~小金を歩く

水戸街道道標
水戸街道道標

前の名所:萬満寺
次の名所:蘇羽鷹神社