蘇羽鷹神社そばたかじんじゃ

元はこの地に千葉孝胤が治めた三ヶ月(みこぜ)の馬橋城が建っていたが、廃城後に千葉氏の加護を受けて蘇羽鷹神社が創建された。千葉氏は居城する城の鬼門に曽場鷹(そばたか)を祀っており、それが転じて「蘇羽鷹」と呼ばれるようになった。蘇羽鷹神社を過ぎると、旧水戸街道は再び国道6号線から離れるルートを辿る。

≫松戸~小金を歩く

蘇羽鷹神社
蘇羽鷹神社

前の名所:水戸街道道標
次の名所:小金宿