葛西神社かさいじんじゃ

元暦2(1185)年、葛西三郎清重の篤信により上、下葛西合わせて三十三郷の総鎮守として下総国香取神宮の分霊をお祀りしたことにはじまる。江戸時代、家康公葛西御成の際、操り人形芝居の神事を御覧になり、天正19年に祭祀を専らにするようにと御朱印十石を賜った。当初、香取宮と称したが、明治維新の際に香取神社となり、明治14年葛西神社と改められた。

≫新宿~松戸を歩く

葛西神社
葛西神社

前の名所:水戸街道道標
次の名所:光増寺