蓮昌寺れんしょうじ

正安2(1300)年、日蓮大上人の孫弟子・松本阿闍梨日念上人によって開基。本堂に泰安する「願満のご尊像」と称される日蓮大上人像は、帝都弘通の祖日像上人の弟子である大覚大僧正の開眼と伝えられている。本堂・七面堂・三光堂を中心に釈迦牟尼仏・多宝如来の、大曼荼羅勧請の諸尊、末法総鎮守七面大明神、鬼子母大尊神を奉安している。

≫千住~新宿を歩く

蓮昌寺
蓮昌寺

前の名所:小菅神社
次の名所:大曲