荒川沖宿あらかわおきしゅく(茨城県土浦市)

現在の茨城県土浦市荒川沖西にあたり、宿場町は南北に数100mの範囲で広がっていた。小規模な宿場町で、本陣は置かれていなかった。
宿場町としての役務は隣の牛久宿と分担して行っており、荒川沖宿のみで完結したものではなかったという。正規の宿場町ではあったものの、継ぎの宿という位置づけであったとされる。

≫牛久~荒川沖を歩く

荒川沖天満宮(あらかわおきてんまんぐう)
国道6号線・荒川沖南区交差点から右に逸れ、荒川沖宿に入る。交差点から約600m進むと、左手に派出所が見える。その手前に、荒川沖天満宮の参道がある。小さな神社だが、立派な彫刻が祀られている。荒川沖天満宮は菅原道真を祭神とする神社の系列。政治的不遇を被った道真の怒りを鎮めるために神格化し祀られるようになった。
旅籠佐野屋(はたごさのや)
旧道筋に2棟の大きな茅葺の民家が残されている。そのうちの一つが元旅籠の佐野屋。もう一つは商店として使われている鶴町たばこ店。旅籠佐野屋は郵便局の隣にあり、どっしりした茅葺屋根が特徴。荒川沖宿は千住宿から9つ目の宿場町で、役人宿1軒、旅籠数軒の小さなものだった。

≫中村宿へ行く

荒川沖宿 荒川沖天満宮 旅籠佐野屋

前の名所:姫宮神社