星宮神社ほしのみやじんじゃ

延長2(924)年、肥後国八代郡八代(熊本県八代市)から分霊勧請して祀ったものと伝えられている。祭神は全和全能の創造の神、天御中主大神で、天の真ん中に位置する神様。天の真ん中とは北斗七星(北極星)と考えられ、星宮神社の名前の所以となっている。若柴では病気の際、神社の椎の木に藁の人形を作って杭で埋めてお祈りすると治ると伝えられている。

≫若柴~牛久を歩く

星宮神社
星宮神社

次の名所:成井一里塚