正源寺しょうげんじ

牛久宿の通りが緩やかに右にカーブするところに鎮座する正源寺。境内には、推定樹齢400年の日本特産のトチノキがある。楼上は戦前まで鐘楼門で、山門と鐘楼が一つ家だった。そして、山門の前では石像の仁王様が訪れる人を出迎えてくれている。この正源寺、池波正太郎作品『鬼平犯科帳・雲竜剣』にも登場する。

≫若柴~牛久を歩く

正源寺
正源寺