矢部家やべけ

「木半」の屋号を持つ矢部家の蔵造建物。明治前期に建てられたもので、川越の蔵造り商家を建てた棟梁の手になるものと伝えられている。戦前まで米や麦の集荷問屋で、広い土間には収穫期には米や麦の俵が山積みされ店の裏にある3棟の蔵に次々と運び込まれた。屋号の「木半」は、稲荷神社にある「紅花商人寄進の石燈籠」にその名が刻まれており、「木嶋屋半七」に由来すると云われている。

≫上尾~桶川を歩く

矢部家
矢部家

前の名所:浄念寺
次の名所:問屋場跡