紅花仲買問屋・須田家べにばななかがいとんや・すだけ

紅花の仲買問屋であった豪商・須田家である。須田代八郎は江戸時代後期の久保村(現上尾市)の豪商、南村(現上尾市)須田家の分家で醤油醸造・質屋を営み、本家とともに穀物・紅花の取引を行っていた。

≫上尾~桶川を歩く

紅花仲買問屋 須田家(外塀)
紅花仲買問屋 須田家(外塀)

前の名所:彩の国平成の道標
次の名所:庚申供養塔