相川の人足渡跡あいかわのにんそくわたしあと

相川はたびたび洪水があったため、人足による渡しが主であった。 川越人足は垂井宿の百姓がつとめ、渡川時の水量によって渡賃が決められていた。一方、姫宮や朝鮮通信使など特別の大通行のときには木橋がかけられた。

≫赤坂~垂井を歩く

相川
相川

前の名所:青野一里塚跡
次の名所:垂井宿