青墓のよしたけあんあおはかのよしたけあん

牛若丸が、修行を終え奥州へ落ち延びるとき、円願寺でなくなった父や兄の霊を供養し、源氏が再び栄えるように祈って、それまで杖にしてきた芦の杖を地面に突きさし

さしおくも 形見となれや 後の世に 源氏栄えば よし竹となれ

と歌にした。その願いが通じたのか、芦が大地から芽をふき、根を張ったが、茂ったのはみごとな竹の葉だった。この珍しい竹はその後も生長し続け、やがてこの竹を「よし竹」と呼び、この寺を「よしたけあん」と呼ぶようになった。

≫赤坂~垂井を歩く

青墓のよしたけあん
青墓のよしたけあん

前の名所:白髭神社
次の名所:青野一里塚跡