奥石神社おいそじんじゃ

奥石神社は、由緒ある名社として延喜式神名帳に載せられているのは、繖山(きぬがさやま)を御神体とする最も古く原始的、根元的な神社であったためと言われている。
現在の本殿は、天正9年(1581)に建てられたもので、安土桃山時代の豪華さのなかに優美な落ちつきをもつ建造物で、安土町の国指定の重要文化財の中では、唯一の神社建築である。
老樹の茂る深い参道をもつこの社は、中世より鎌宮神社ともいい、これは「蒲生野宮」がなまって名付けられたものと考えられている。

≫愛知川~武佐を歩く

奥石神社
奥石神社

前の名所:清水鼻立場
次の名所:老蘇の森