御殿場跡ごてんばあと

文久元年(1861)、皇女和宮の行列が中山道を下向した際に、一行が休憩する御殿が造られたことから、ここを御殿場と言うようになった。

≫細久手~御嵩を歩く

御殿場跡
御殿場跡

前の名所:馬の水呑場
次の名所:唄清水