一呑清水ひとのみのしみず

将軍家降嫁のために江戸へ向かった皇女和宮が、道中この清水を賞味したところ、たいそう気に入り、後の上洛の際に永保寺にてわざわざここから清水を取り寄せ、点茶をしたと伝えられている。

≫細久手~御嵩を歩く

一呑清水
一呑清水

前の名所:唄清水
次の名所:謡坂の一里塚