車返しの坂くるまがえしのさか

南北朝の昔、粋狂な人もいたもので、不破関屋が荒れ果て、板庇(いたびさし)から漏れる月の光が面白いと聞き、わざわざ都から牛車にのってやってきた。その御人は公家の二条良基である。
ところがこの坂道を登る途中、屋根を直したと聞いて引き返してしまったという伝説から、この名でよばれるようになった。

≫今須~柏原を歩く

車返しの坂
車返しの坂

前の名所:真宗寺
次の名所:寝物語の里