寝物語の里ねものがたりのさと

近江と美濃の国境は、この碑の東10m余にある細い溝だった。この溝を挟んで両国の番所や旅籠があり、壁越しに「寝ながら他国の人と話合えた」ので、寝物語の名が生まれたといわれている。
また平治の乱(259年)後、源義朝を追ってきた常盤御前が「夜ふけに隣り宿の話し声から家来の江田行義と気付き奇遇を喜んだ」所とも「源義経を追ってきた静御前が江田源蔵と巡り会った」所とも伝えられている。
寝物語は中山道の古跡として名高く、古歌等にもこの名が出ていたり、広重の浮世絵にもここが描かれている。
~ひとり行く 旅ならなくに 秋の夜の 寝物語も しのぶばかりに 太田道潅~

≫今須~柏原を歩く

寝物語の里
寝物語の里

前の名所:車返しの坂
次の名所:照手姫笠掛地蔵