蕨宿わらびしゅく(埼玉県蕨市)

戦国時代には渋川氏の居城であり、江戸時代に宿場としての機能を持ってからは、岡田氏が本陣を務めた。用水堀で宿場を囲み防火していたが、しばしば大火に見舞われた。隣の浦和宿とともに、鰻の有名な宿場町であった。
現代における蕨市は、人口密度№1の市、成人式発祥の地として有名である。

≫板橋~蕨を歩く

蕨宿江戸方木戸跡(わらびしゅくえどがたきどあと)
蕨宿の江戸側の入口に当たる場所。石造りの碑と、木戸をかたどった門が、宿場へと誘ってくれる。
歴史民俗資料館分館(れきしみんぞくしりょうかんぶんかん)
蕨市歴史民族史料館の分館。 建物は、明治時代に織物の買継商をしていた家を、そのまま利用したものである。
歴史民族資料館(れきしみんぞくしりょうかん)
中山道蕨宿の昔を伝える資料が多数所蔵されている。当時の宿場風景や、旅籠・商家・本陣上段の間などを再現した展示や、町並みを復元した模型などもある。
蕨本陣跡(わらびほんじんあと)
一の本陣と呼ばれた岡田加兵衛の本陣。向かいには岡田五郎兵衛の本陣があり、この2つが蕨宿の本陣であった。蕨本陣跡として公開されているのは加兵衛家の本陣である。
ここには、老中水野忠邦松平加賀守皇女和宮などが宿泊した。
蕨宿上方木戸跡(わらびしゅくかみがたきどあと)
蕨宿の、浦和宿側の出口。

≫浦和宿へ行く

蕨宿 蕨宿江戸方木戸跡 蕨市歴史民俗資料館分館 蕨市立歴史民俗資料館 蕨宿岡田本陣跡 蕨宿上方木戸跡

前の名所:荒川