泡子塚あわこづか

西行法師東遊でこの泉で休憩したところ、茶店の娘が西行に恋をし、西行の立った後に飲み残しの茶の泡を飲むと、不思議にも懐妊し、男子を出産した。その後関東からの帰途でまたこの茶店で休憩したとき、娘よりことの一部始終を聞いた法師は、

水上は 清き流れの醒井に 浮世の垢を すすぎてやみん

と詠むと、児はたちまち消えて、もとの泡になったという伝説が残っている。

≫柏原~醒井を歩く

泡子塚
泡子塚

前の名所:十王水
次の名所:六軒茶屋