六軒茶屋ろっけんぢゃや

幕府の天領であった醒井宿は、享保9年(1724)、大和郡山藩の飛地領となった。藩主・柳沢候は、彦根藩・枝折との境界を明示するため、中山道の北側に、同じ形の茶屋六軒を建てた。この六軒茶屋は、中山道の名所となり、安藤広重の浮世絵にも描かれている。

≫醒井宿を歩く

六軒茶屋
六軒茶屋

前の名所:泡子塚