新茶屋しんちゃや

この辺りの地名を「新茶屋」という。江戸のころ宿場と宿場の間にある茶屋を「立場茶屋」といった。かつての茶屋は、ここから岐阜県側に数百mほど入った場所にあったが、江戸の終わりころに現在に移った。そのためここを新茶屋と呼ぶようになった。
わらび餅がこの茶屋の名物だった。

≫馬籠~落合を歩く

新茶屋
新茶屋

前の名所:正岡子規の句碑