新茶屋の一里塚しんちゃやのいちりつか

新茶屋の一里塚は天保~安政時代(1830~1860年)には、立木は右(江戸より京)に松、左は無しでしたが、今回整備にあたり右に松、左に榎を復元した。

≫馬籠~落合を歩く

新茶屋の一里塚
新茶屋の一里塚