園原先生碑そのはらせんせいひ

園原旧富(そのはらふるとみ)は、三留野村和合の東山神社の神官の家に元禄16年(1703年)に生まれ、長じて京都に遊学し、吉田兼敬(神祗官領長)に師事して神学を学び「神学則」を著すまでになった。その後も「木曽古道記」「神心問答」「御坂越記」「木曽名物記」などを著して、尾張・美濃・信濃に門人多数を擁する大学者となった。
この碑は彼の死後5年目の天明元年(1781年)に、学徳を慕う門人たちによって建立されたもので、碑文は当時有数の学者である松平君山が書いている。なお、園原家住宅(非公開)は、江戸時代中期の神官の家の姿を伝える貴重なものである。

≫三留野~妻籠を歩く

園原先生碑
園原先生碑

次の名所:道標